リアップ育毛ナビ

リアップとプロペシアの違い

AGA

プロペシアはAGAの特効薬として1992年に商品化され、主成分がフィナステリドとなっており、本来は前立腺肥大の治療薬として開発された薬で、今でも薄毛で悩む多くの人が使用しています。リアップは高血圧の人に使用されていた、血圧降下剤が元となっているミノキシジルを含んでおり、テレビCMやインターネット広告などでも知られていますので、知名度や人気が高い育毛剤なのです。この2つの大きな違いは、医薬品としての分類で、リアップは第1類医薬品になっているのに対し、プロペシアは医療用医薬品に分類されています。そしてリアップとプロペシアは併用することが可能となっており、この2つは全く別の働きがあるからです。リアップは頭皮に塗ることで血管を拡張し、拡張されたことによって髪の毛に必要な栄養をおくることができるため、新たに髪の毛が生えやすくなります。プロペシアは抜け毛を防ぐ効果がありますので、リアップを使用して生えてきた髪の毛が抜けるのを防ぐことができるため、こうしたことから分かるように、2つは併用が可能になるのです。また片方だけでも十分に薄毛を改善しやすくなりますが、両方使用することで効率良く薄毛を改善していくことができます。プロペシアは内服するタイプの育毛剤で、リアップは頭皮に直接塗る外用育毛剤ですので、体の内側と外側から働きかけることでも効果を得やすくなるのです。2つの育毛剤の併用は試してみる価値があるといえます。併用の際は個人で取り組むよりも治療クリニックで医師に任せる事をお勧めします。

 

AGA治療を専門とする病院を厳選してランキング!

AGA病院おすすめ

リアップに初期脱毛はあるのか

リアップ愛用者

育毛剤のリアップを使用することで、薄毛を改善できる効果が期待でき、なかには薄毛を完全に解消できた人がいますが、リアップを使用し始めると、初期脱毛として抜け毛が増えてしまう人もいます。リアップを使用しているのに、どうして抜け毛が増えてしまうのかと思う人もおり、このまま抜け毛がどんどん増えてしまうと、更に薄毛になってしまうといった不安に繋がってしまうこともあります。リアップを使用することでの初期脱毛は、ヘアサイクルというメカニズムが大きく関係しており、髪の毛の生産を行わない休止期から、髪の毛を生産する成長期に移行させることで、初期脱毛が起こるのです。またヘアサイクルが乱れて正常でないときに抜け毛増えて薄毛になりますが、この乱れたヘアサイクルをリアップを使用することで正常に戻すことができ、更に成長期の期間を長くすることも可能なのです。成長期が長くなれば、髪の毛を十分に増やすことができ、太くて強い髪の毛も作ることができるため、抜け毛を減らすと共に発毛効果も得られるという仕組みなのです。そして初期脱毛によって抜けた髪の毛を観察して、その髪の毛を保管しておき、6カ月くらい使用した後の髪の毛と比べれば、効果がどれだけ素晴らしいかが実感できるでしょう。このような初期脱毛という症状は、自分の髪の毛に効果があらわれているという兆しになりますので、抜け毛が増えたからといって使用を止めるのではなく、続けていくようにしてください。

 

リアップの副作用とは

医薬品を使用すると、それなりの効果が得られ、改善することができるのですが、医薬品のほとんどは副作用が起きるため、重篤なことにならないためにも、使用する前にしっかり確認しておく必要があります。そして薄毛で悩んでいる人が使用する、育毛剤のリアップにも副作用があり、頭皮の発疹・かぶれ・かゆみや、神経系の異常が発生する、頭痛・めまい・胸痛などがあります。また重篤なことになりやすい、血圧低下・心拍数増加・心筋梗塞などの、循環器系の副作用があり、特に低血圧の人は、リアップは血管拡張作用がありますので、血圧の低下に気をつけなければいけません。頭皮の痒みや発疹は、リアップに含まれているミノキシジルによるアレルギー反応ですので、こうした副作用が起きてしまったら、頭皮環境を改善するためにも皮膚科に早くいくようにしましょう。それと頭皮にジンとした温かみが出たときは、発疹や痒みの前兆といえますので、頭皮をキレイに洗い流し、リアップが頭皮に残らないようにしてください。痒みがでたからといって、頭皮を掻きむしるのは、頭皮の環境を悪くするだけでなく、抜け毛が増えてしまうので気をつけましょう。このようなリアップの副作用は、使用した全ての人に生じることがありません。しかし個人差がありますので、重篤なケースに至る人もいれば、軽いケースで済む人もいるのです。これから育毛剤を使用してみようと思っている人は、薄毛を早く改善するためにも、使用前から気にかけておくと良いでしょう。

リアップは医療費控除の対象か

薄毛改善効果が期待できる育毛剤にリアップがあり、薄毛がコンプレックスになっている人が多く使用していて、使用した多くの人は薄毛改善効果を得やすくなっているため、改善している人がいるのです。また男性型脱毛症のAGAで悩んでいる人にも効果が期待でき、このAGAは男性ホルモンを過剰に分泌させてしまうことがあるのですが、リアップに含まれる成分によって抑えることができるからです。そしてリアップを購入する費用は高いので、費用を少しでも抑えられるようにできれば良いと思い、医療費控除という手段を考えた人もいるでしょう。しかしリアップを購入しても医療費控除の対象になることはなく、育毛は疾病の治療や療養とは認められないからです。ただし医師が病気という診断をして、治療目的で使用したときは医療費控除の対象となりますので、診断の結果が出る前に自分で薬局などで購入しないほうが良いでしょう。またお住まいの管轄になる税務署の担当者によっては、医療費控除が認められる場合があり、何とも曖昧な感じがしますが、医療費控除を受けられるのであれば何も言わないほうがみのためです。薄毛を理由に深刻な精神障害を負ってしまうなどの、関連ある病状の治療の一環として治療を受けた場合は、控除の対象になる可能性があります。まずは医薬品指定されているリアップの購入費用を、1年間で10万円以上にしなければ控除の対象になりませんので、可能性を信じてリアップを使用してみるのも良いでしょう。