リアップの濃度について

リアップの濃度について

リアップに含まれる成分のミノキシジルは、重要な主成分として含まれており、1960年代にアメリカの開発者によって開発された成分で、本来は血圧降下剤として高血圧患者に使用されていました。このときに高血圧患者の多くが発毛の傾向がみられたため、発毛効果に注目されるようになり、発毛成分としての本格的な研究が始まり、1980年代になって育毛剤に含まれるようになったのです。そしてリアップにはミノキシジルの濃度が5パーセントとなっており、濃度が1パーセントのリアップもありますが、ミノキシジルの濃度が高いほど効果が得やすいということで、5パーセントのほうが良いのです。リアップ以外の育毛剤に、ミノキシジルの濃度が10パーセントを超えるものがあり、5パーセントより効果が得やすくなるのですが、副作用が起きやすくなるので、あまりおすすめできません。また5パーセントから始めるのも悪くありませんが、副作用が起きにくい1パーセントから始めても良いでしょう。効果の得やすさと副作用が起きる可能性のバランスを考えますと、ミノキシジルを5パーセント含んだリアップを使用したほうが良いといえます。しかし効果の得やすさや副作用が起きる可能性には個人差がありますので、不安に思う人は濃度が1パーセントのものから始めてください。これから育毛剤を使用し始めようとしている人は、副作用のトラブルを避け、ある程度の効果が得やすくなる5パーセントを使用してみてはいかがでしょうか。

リアップ育毛ナビTOPページ【AGA病院ランキング紹介あり】
リアップナビTOP